眼瞼下垂症の症状と原因、それに対する治療例をご紹介します。

眼瞼下垂症

眼瞼下垂は、なんらかの原因で瞼を挙げる筋肉(眼瞼挙筋)の動きが上まぶたの縁に伝わらなくなって、上まぶたの開きが悪くなる病気です。黒目部分が半分以上隠れている方は、眼瞼下垂の可能性があります。

眼瞼下垂

眼瞼下垂

下記のような悩みや症状はありませんか?
これらは、眼瞼下垂があるために、無意識のうちに額の筋肉を使って瞼を無理やり上げることが原因で起こっています。ひとつでも当てはまる場合は眼瞼下垂の可能性があります。

・まぶたが重く、開きにくい
・なぜか頭痛や肩こりがひどく、マッサージでも改善しない
・おでこにシワが増えた
・眉毛を挙げるクセが強い。
・表情がいつも眠そう
・上の方が見えにくい
・上まぶたがくぼんで、老けて見える

【原因】
①加齢によるもの
②長期間にわたるコンタクトレンズ装着によるもの
③まぶた以外の原因によるもの
(重症筋無力症、眼窩腫瘍、脳疾患、糖尿病、先天性 など。)

挙筋前転術

ふたえラインで皮膚を切開し、眼瞼挙筋やミュラー筋などまぶたを引き上げる役目の筋肉を、短縮して固定します。目の開き具合を鏡で確認していただき、違和感のないご希望の位置で調整します。過剰な手術はドライアイの悪化や違和感などの原因になることがあるため、やや控えめな位置をおすすめしています。

当院のPOINT

ふたえラインについて
保険手術では、ふたえラインは、術者の経験から最も自然で瞼になじむ形にデザインします。ひとえまぶたの印象を変えずに眼瞼下垂を改善することも可能です。
また、患者様が、ふたえラインに具体的な要望をお持ちの場合は、ご希望に沿うよう時間をかけて話し合います。(この場合、費用は自費となります)

メリット
目を開けやすくなり、視野が広がります。
デメリット
抜糸が必要となります。
治療費
保険

症状に合わせた治療例

  • 挙筋前転術
  • 挙筋前転術保険
    上まぶたのたるみが少なく眼瞼下垂がある方
  • 挙筋前転術
  • 上まぶたしわ取り術自費
    上まぶたがたるんで黒目が隠れているが、たるみを持ち上げると黒目がしっかり出る方
  • 挙筋前転術
  • 上記2法を
    ・同時手術保険
    ・別日手術保険保険
    まぶたのたるみと眼瞼下垂症、両方がある方

ご予約・お問い合わせはこちら

Tel 03-5972-1825

※診療終了時刻の15分前
(初診の方は30分前)には受付をしてください。
※土曜日の診療時間は9:00〜13:00です。

所在地:
〒170-0002
東京都豊島区巣鴨2-1-2ブラウンタワー3階
最寄駅:
JR山手線「巣鴨駅」正面口 徒歩1分
都営三田線「巣鴨駅」A4出口、
エレベーター出口すぐ

インターネット順番受付

ACCESS

JR「巣鴨駅」より徒歩1分、
都営三田線「巣鴨駅」A4出口、
エレベーター出口よりすぐ。
1階が上島珈琲店のビルの3階になります。
建物左側の入口より
エレベーターをご利用ください。

外来医師担当表はこちら

診療時間
9:00-12:00
14:00-15:00 ×
15:00-18:00 × ×

※診療終了時刻の15分前(初診は30分前)
には受付をしてください。

※▲土曜日の診療時間は9:00〜13:00です。

※○14:00〜15:00は予約制です。
(手術・施術・自費カウンセリング等)

※形成外科:水・木・金
(午後は17:00まで。第1金曜日は休診です)

※整形外科:金曜日午前(予約制)

※フットケア:第2、4週の火曜日10:00〜12:00